勉強法・参考書 物理 物理基礎

【2021年版】物理のおすすめ参考書9選【レベル別で問題集も紹介】


【お得なキャンペーン中!】今なら14日間無料で見放題!

関連記事大学受験におすすめのスタディサプリコースは?【料金や評判も大公開!】

今すぐ14日間無料体験

スタサプ公式サイトにアクセス

悩んでる人

物理の勉強を始めようと思うんだけど、どの問題集を買おうか迷っています!

毎年、受験勉強や定期テスト対策のために、本屋さんに行きますが、

『本が多すぎてどれを買ったらいいかわからない!』

という質問を何回も受けます。

実際、先生がよくない限り、『どの参考書、問題集をやるか』で、周りの高校生と差がついてしまうのも事実です!

そこで今回は、初心者から上級者に向けて、おすすめの物理の参考書、問題集を紹介していきます!

この記事を読めば、『どの参考書を買ったらいいか迷う』なんてことは、なくなりますので、ぜひご覧になってみてください!

【前提】そもそも参考書と問題集は違う

物理の成績が伸びない人に多いのですが、参考書と問題集の違いが分かっていない人がたくさんいます!

参考書と問題集の違い

参考書・・・現象理解や公式の導出などを知るために使う

問題集・・・参考書で知った内容を定着させるために使う

物理を勉強したことがある人ならわかりますが、物理という科目は、『たくさん問題を解けば成績が上がる』という科目ではないのです!

偏差値を上げる勉強法については、高校物理の間違った勉強法と偏差値を爆上げできる6ステップ勉強法!についてご紹介!!をご覧ください。

悩んでる人

えっ?!経験が大事なんじゃないんですか?

確かに経験も大切だけど、それよりも現象理解の方が大事なんだ

塾長

つまり、基本的に問題集は何を使ってもらっても大丈夫ですが、参考書選びは慎重になってもらいたいのです!

なので、今回は問題集と参考書を区別して、紹介していきます!

物理のおすすめ参考書4選

それでは、現象理解に役立つ参考書について紹介していきます!

その①:橋元の物理をはじめからていねいに

この参考書は、東進ハイスクールの講師である橋元先生が執筆した参考書になっており、『物理基礎』『力学』『電磁気』『熱・波動・原子』と4冊に分かれています!

物理が苦手でない人は、内容が簡単に見えるかもしれませんが、苦手な人にとっては丁寧に書いてあるので、非常に理解しやすい参考書になっています。

『物理がめちゃくちゃ苦手』と感じている人は、苦手意識がなくなる参考書になっていますのでおすすめです。

その②:宇宙一わかりやすい高校物理

『宇宙一わかりやすい』というタイトルの通り、物理が初めての人でも現象理解がしやすい参考書になっています!

物理と聞くと、数式がたくさん書いてあるイメージですが、この参考書は半分以上がイラストですので、目で見て現象を理解することができます。

物理をイメージとしてとらえるのではなく、本質から理解できるので、応用問題でも対応できる力をつけることができますよ。

その③:物理のエッセンス

受験生で、この参考書を知らない人はいないくらい、有名な参考書です!

物理のエッセンスは、『力学・波動編』と『熱・電磁気・原子』の2冊に分かれています。

定番の参考書なだけに、みんな買いがちですが、初心者の人にとっては難しいかと思います。

しかも、『熱・電磁気・原子』の方は、ただのテクニック本みたいになっていて、なかなか本質が理解しにくい構成になっています。

ただし、赤い冊子の『力学・波動編』の方は非常によくできていますので、成績が伸び悩んでいる人や、学校の授業の復習に使いたい人は、購入してみるといいかもしれません。

⇨物理のエッセンスについては、物理のエッセンスはわかりにくい?!評判や使い方を徹底解説!をご覧ください。

その④:漆原の物理明快解法講座

この参考書は、現象理解というよりも、『どこで公式を使うのか』という解法の手助けをしてくれる参考書です!

『どうしてこの公式を使うのか』『問題を解くにはこういう考え方をする』など、解くために必要な内容を教えてくれます。

一度勉強した人向けになりますが、問題が解けずに困っている人は、こちらの参考書がおススメです!

物理おすすめの問題集5選【レベル別】

続いて、おすすめの問題集について紹介していきます!

その①:セミナー物理

学校で配布されることが多い、セミナー物理です!

このセミナー物理は、基礎から応用まで幅広く勉強できるのが特徴です!(中には、セミナー物理だけで東大に合格する強者も!)

といっても、中身は基礎例題⇨基礎問題⇨発展例題⇨発展問題⇨総合問題と、段階を踏んだ構成になっているので、物理が苦手な人でも、少しずつレベルを上げて勉強できます!

その②:折戸の物理

あまり、知られていない参考書ですが、かなりおすすめです!!

塾講師を始めてから、本屋さんに行く機会があったのですが、この本を見て衝撃を受けたのを覚えています!

なぜなら、解き方から考え方まで、ほとんど僕の考え方と同じだったからです。

メルカリで見てもこのありさまで、本屋さんにもなかなかおいていないこともしばしば、、。

この本が1冊あれば、物理の基礎からしっかり勉強できますので、ぜひ使ってみてください!

その③:名問の森(MARCH以上)

『物理のエッセンス』の著者が書いている、名問の森です!

MARCH以上の大学受験を考えている人は、上で紹介した問題集に加えて、この問題集をやれば完璧です!

こちらも、物理のエッセンスと同じく2冊に分かれていますが、どちらも良問がそろっていて、難関大学突破に必要な力がつきますので、ぜひご覧になってみてください。

その④:重要問題集(MARCH以上)

こちらも、MARCH以上の大学を受験する人向けのおススメの参考書です!

重要問題集は、年によって毎年問題が変化するので、毎年の傾向に沿った問題を解くことができます。

解説が、やや簡潔なところもあるので、上にあげたような参考書を使って、問題演習をしていくことが大切です。

その⑤:難問題の系統とその解き方物理(東大レベル)

東大レベルの物理の問題が出題される場合のみ、こちらの問題集がおすすめです!

ほとんどの人が使う機会がないまま終わってしまう問題集ですが、私立で早く勉強している学校などでは使うことがあるみたいです。

問題のレベルもかなり高く、思考力を鍛えることができるので、東大レベルを受験される方はご覧になってみてください!

まとめ:自分に合った物理の参考書・問題集で成績を爆上げしよう!

今回は、物理のおススメ参考書について紹介してきました!

参考書・問題集選びは、かなり重要ですので、よく考えてから勉強するようにしましょう!

『問題集はもっていてある程度解けるけど、点数が伸びない』と悩んでいる方は、勉強法が間違っている可能性がありますので、高校物理の間違った勉強法と偏差値を爆上げできる6ステップ勉強法!をごらんください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しばけん

現役時代センター試験60点台。浪人中予備校に通い神授業に出会う。旧帝大模試で物理偏差値65を叩き出し、その経験を活かして現在は塾で中学生や高校生に数学や物理を指導中。

-勉強法・参考書, 物理, 物理基礎